映画を交えながら 交流の場として行きたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トム、ディック、ハリー

最近 よそ様のブログをサーフィンしてて目に留まるのが「家庭菜園」をされてる方が多いのに思わず感化され

ついに8年ぶりに・・・やりましょうか的な?! 

そんな大型連休どこにも行かない「たかのつめ」密かに自給自足のために野菜を育ててみようと決心!
プランター 思い起こせば・・・

土を触る感覚が好きで・・確か大阪の自宅(今は空き家)では、庭もそこそこ大きくてトマト、とうもろこし、
きゅうり、かぼちゃ、大葉、ニンジンなど 育てた経験ございまして~!

特に

かぼちゃは 家の壁にまでつるが延びて厄介でしたね~ 
大葉は虫がよく葉を人間が食う前に食われたり・・・ 

苦難も多かったですけど豊作となって収穫出来たこの快感はたまりませんね。 

なので、今回は小規模ですけど初ベランダ家庭菜園に写真のプランターを用意しました。

後は、土と肥料と種を用意するだけね! 夏の収穫に向けて次の3種類チャンレンジ!!
アスパラ イメージ①アスパラガス。早く収穫できるし、家庭菜園でも最低10年間は収穫できるのが魅力ですよぉ。
 なぜならアスパラガスは根を張っているため、収穫してもまた生えてくるのです。


ズッキーニ イメージ②ズッキーニ 成長力が強く手入れがいらないという野菜です。
 マルチングをしなくては・・・・肥料を追加する必要もなく本当に手間がかかりません。
ズッキーニは、花が咲くんんですけどその後で実がなります。ズッキーニは花も実も食べることができる
 ということをご存知な方は少ないかも・・・。


きゅうり イメージ③きゅうり 面倒です 肥料の交換がほんと 忘れそう・・・・。

たかのつめはプランターに何を植えたかを①をトム  ②をディック ③をハリー と名付ける予定。(^.^)


なぜか?


もうこの名前でピ~ンと来る方は 通ですぞ! 

どれかが失敗しても ちぃっ!トムがやられたぁ~って感じを味わいたくて(愛着度が向上するでしょ?)



実はランキングに漏れたというか選びたかったけど・・・第3位に挙げたかったこの作品(これを書きたかったため(^^ゞ
『大脱走/The Great Escape』
大脱走
ミリッシュ・アルファ・プロ製作(1963年)
作品時間165分

大脱走 (アルティメット・エディション) [DVD]大脱走 (アルティメット・エディション) [DVD]
(2008/04/18)
スティーブ・マックィーン

商品詳細を見る


製作:ジョン・スタージェス 原作:ポール・ブリックヒル 脚色:ジェームズ・クラベル/W・R・バーネット
監督:ジョン・スタージェス 撮影:ダニエル・L・ファップ 音楽:エルマー・バーンスタイン
出演
スティーヴ・マックィーン/ジェームズ・ガーナー/リチャード・アッテンボロー/ジェームズ・ドナルド
チャールズ・ブロンソン/ドナルド・プレザンス/ジェームズ・コバーン/ゴードン・ジャクソン
ジョン・レイトン/ナイジェル・ストック/ウィリアム・ラッセル/トム・アダムス/ハンネス・メッセマー
ジョージ・マイケル

[ストーリー]
ヒルツ新たに作られたドイツの北部第3捕虜収容所に、札つきの脱走常習者・連合軍空軍将校たちが運び込まれた。
しかし早くも“クーラーキング”と異名をとったヒルツ(スティーブ・マックィーン)は
鉄条網を調べ始めるし、

ヘンドリー(ジェームズ・ガーナー)はペンチをトラックから盗み出す始末。
まもなく、“ビッグX”と呼ばれる空軍中隊長シリル(リチャード・アッテンボロー)が入ると、大規模な脱走計画が立てられます。 まず、森へ抜ける数百フィートのトンネルを同時進行で掘り始められた。

その名もトム、ディック、ハリーと名付けられた。

全員250名が逃げ出すという企みであったアメリカ独立記念日に看守のミスでトムが発覚してつぶされたが、ほかの2本を掘り続けることにみ・短いしかし、あいにくなことに掘り出し口が森に届いておらず 看守にに気付かれ、脱走計画は水泡に帰し,逃げのびたのはダニー(チャールズ・ブロンソン)と、彼の相手ウィリイだけであった。
激怒した収容所所長ルーゲル大佐(ハンネス・メッセマー)が、脱走者50名を射殺したと威嚇した。
やがて、生存者を乗せたトラックが到着したとき、ゲシュタポの車が収容所の入口に止まり、ルーゲルは重大過失責任で逮捕された。
かくてドイツ軍撹乱という彼らの大使命は果たされたが、幾多の尊い生命が失われていった。
そして再び収容所に静けさが訪れた。



この映画の良さはなんといってもエルマー・バーンスタインの音楽であることは言うまでもないでしょう。
オープニングからのメインテーマ「大脱走のマーチ」が超有名ですよね。
あの、メインテーマには、ヒロイズム、希望、ヒューマニズム、哀愁など、「自由」を構成するあらゆる要素が、豊かに盛り込まれてると言われます。

また、映画の各場面との調和も完璧ですね。
潤いに満ちた旋律は、心に爽やかに浸透します。
(ジェームズ・コバーンが、盗んだ自転車で悠々と田舎を走ってゆくときの音楽など)

反面、ドイツ軍の追跡を振り切ろうとして、スイス国境へ向けて驀進するヒルツのオートバイ・シーンの、はらはらどきどきのスリルも、音楽が見事に盛り上げていますよね。


★個性あふれるキャラクタ達
■ヘンドリー役のジェームズ・ガーナー(調達屋)や
■セジウィック役のジェームズ・コバーン(製造屋)などなど
それぞれのキャラが脱走計画を成功させるためにそれぞれのポジションに付いて分担作業を行ってたとこの辺りは史実に基づいてそうです。
バイク  ジャンプ引っ掛かる2
■でも やっぱり一押しはスティーヴ・マックイーンのヒルツ大尉であることに異を唱える人はいないでしょう。
もう このシーンでバイク大好きになるほどですから・・・バイクで国境を突破しようとするあまりにも有名なシーン。ラスト、その後クーラーの中で一人キャッチボールを始める絶妙のラストも印象的で、一人でさらってしまいました。



★仲間意識の強さ
「全員逃げ切ってほしい」と祈りながら手に汗を握りつつ興奮して見てしまいますが背景にはこの映画ほど
タフなチームワークを表現したものは無いと思います。

そんなチームワークを表したシーン

■ヘンドリーが目の悪いコリンといっしょに逃げたり(普通なら足手まとい)
■ウィリーが閉所恐怖症のダニーを気付かったり、

■列車の駅で仲間が検問のところで敵にバレそうになったところを体当たりして注意を引き付け、自分が
 犠牲になってまで仲間を逃がしてあげたアシュレーなどとてもいい奴ばかりだなと思った。

とにかく、「大脱走」には、欠点が見出せません。また、欠点を探すような気持ちにさせないくらい、真摯で正直な、人間性と自由に対する希望が、全編に満ちています。


★「大脱走」全般を通して
外にいる圧倒的に優勢な敵に可能な限り最大の損害を被らせる。これほど難しいミッションを鉄道、バイク、
飛行機などで散らばりかく乱させることが目的だったのですがことごとく失敗

そして何故か 自転車と手漕ぎボートが成功というこの皮肉っぽさがおもしろいんですね。(^.^)

捕虜の生活や組織的な脱走計画の進捗と共に、個々のキャラの人間味が暖かく、コミカルに表現されていることで前半はコメディーのような微笑ましさが、これで後半の悲劇が際立ってくるのは、さすがだなぁって。

ちょっと残念なのが、脱走後の複数のドラマを追ったため、時間の経過や捕虜たちの苦難が十分に説明しきれていない部分かな?


スティーブ・マックィーン
私は、この映画はS・マックイーンのための映画だと思っています。 
巨匠ジョン・スタージェス監督さんは
1956年のポール・ニューマン主演作「傷だらけの栄光」のチョイ役でデビュー以来、大部屋役者だったマックイーンを、1959年の「戦雲」(Never So Few)、
1960年の「荒野の七人」(The Magnificent Seven)と、立て続けに準主役級で起用して、この「大脱走」で堂々の主役へ!!
日本での人気は決定的なものとなった作品です。

マックイーン演じるヒルツ大尉は、脱走常習犯の反抗的な捕虜で、何度も懲罰房へ入れられるので、「Cooler King」というあだ名が付けられました。

集団脱走そのものの計画にも協力しない一匹狼として描かれております。
R・アッテンボロー(ビッグX)を中心とする組織的な対応を目指すグループの、息詰まる計画実行を描くのと

並行して、クライマックスは、マックイーンのバイクアクションでの大胆な逃避行に持ってきています。
(自らバイクスタントに挑んでますからね!) 


この映画の楽しみ方は、マックイーンのオートバイは、もっと早く撃ち倒すチャンスがあったのではないかとかではなくて、冒険活劇として、素直に楽しく観ることです。(^.^)

(@_@;) 長々・・・書いてもうた~ しかも家庭菜園から大脱走だしぃ

マックィーン命のたかのつめでした。ワーイ\(~o~)/
スポンサーサイト
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


アクセスカウンター
プロフィール

たかのツメ★★☆

Author:たかのツメ★★☆
Age48。神奈川県西湘地区。趣味多々。基本映画ジャンル。気軽にお部屋を覗いてやってください。 時間があればアップ目指します!

閲覧カウンター
現在の閲覧者数:
Flashリバーシ
カテゴリ
300 (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
606位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
68位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
Graphical Clock デジタル
Graphical Clock
ioi.toot
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
すぴぱる
検索フォーム
QRコード
QR
ブログ開始から何日経過
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。